【例文あり】リフォームの見積もり後のメール・電話での断り方とは?

リフォーム,断り方,例文,メール,電話

 

お断りの連絡を入れるのはなんだか億劫ですよね。

 

雑な扱いをされたことをきっかけに断るならまだしも、
親切丁寧に何度も提案してくれた会社には
申し訳ない気持ちが先行してしまうものです。

 

ですが、一度に何社にも依頼できませんので、
ここでは極力、相手を傷つけずに断る方法を
例文をまじえながらご紹介します。

 

 

 

メールでの断り方と例文

 

リフォーム,断り方,例文,メール

 

メールでお断りするときは、
いかに検討に検討をかさねたかを暗に伝えることが大切です。

 

リフォーム会社はお断りさせることは日常茶飯事ですので、
真剣に検討したうえで断られるなら致し方ないと感じます。

 

わざわざメールで連絡してもらえるだけありがたいわけです。

 

下記に例文を掲載しておりますので、お名前のみ入力すれば
コピー&ペーストでそのままお使いいただけます。

 

 

【例文1】

 

 

〇件名:見積もりのお断りの件について

 

〇本文:

 

いつもお世話になっております、〇〇(あなたのお名前)です。

 

この度はお忙しいなか、見積書を作成して
いただきましてありがとうございます。

 

家族で話し合いをかさねましたところ、誠に恐縮ながら、
今回は見送らせていただくことになりました。

 

せっかくお時間を割いていただいたにもかかわらず
このような結果となり申し訳ございません。

 

またご縁がありましたらご提案のほど
どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

取り急ぎメールにてお断りの報告とさせていただきます。

 

失礼いたします。

 

 

【例文2】

 

 

いつもお世話になっております、〇〇(あなたのお名前)です。

 

見積書を確認いたしました。

 

いくつかの会社さまから同じ条件で
見積もりをとっておりましたが、

 

家族の意向により、
ほかの施工業者さまにお願いするに至りました。

 

せっかく見積書を送っていただいたにもかかわらず
このような形となり大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

△△様(営業担当のお名前)の親切・丁寧なご対応には
家族一同、とても感謝しております。

 

もし今後、ほかの箇所でリフォームをするときは
再度、検討させていただきたいと思います。

 

その際はぜひ私の方からご連絡させていただきます。

 

またの機会がありましたら何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

電話での断り方と例文

 

リフォーム,断り方,例文,電話

 

電話で断りを入れるときは、リフォーム会社から
新たな提案をされることが考えられます。

 

それを踏まえたうえでケース別に断りの例文をご紹介します。

 

 

■価格が折り合わないことを理由に断ったら値引きを提案された場合

 

大変お伝えしにくいのですが、
家族で話し合いをかさねた結果、
今回は御社でのリフォームを見送ることとなりました。

 

親切・丁寧にご提案いただきまして本当に感謝しております。

 

(断りの理由を聞かれる)

 

他社のほうが安く、予算面で都合がよかったからです。

 

(値引きの提案をされる)

 

はじめからその金額をご提示いただければ
検討の余地はありましたが、無理に値下げを
してまでお願いするのは大変恐縮に存じます。

 

お互い気持ちよくリフォームをしたいので、
今回はお断りさせていただけますと幸いです。

 

 

■他社の提案が優れていることを理由に断ったら新プランを提案された場合

 

大変お伝えしにくいのですが、
家族で話し合いをかさねた結果、
今回は御社でのリフォームを見送ることとなりました。

 

親切・丁寧にご提案いただきまして本当に感謝しております。

 

(断りの理由を聞かれる)

 

他社のほうが安く、予算面で都合がよかったからです。

 

(新しいプランを提案される)

 

こちらとしてはこれ以上の時間をかけることができかねます。

 

これから新しいプランを提案いただいたり、
それをもとに見積もりを提示してもらうには
相当な時間がかかるので

 

すでに詰めている他社さんのプランで話をすすめたほうが
はやく済んで都合がいいのです。

 

ほかにもお断りしなければいけない会社さんもあります。

 

申し訳ないですが、今回お断りさせてください。

 

 

 

知人から紹介された会社への断り方

 

リフォーム,断り方,例文,知人,紹介

 

知人から紹介されたリフォーム会社を断るのは、
知人の目も気になってしまうものです。

 

ですが、あなただけの意向ではなく家族との話し合いの結果、
断るにいたった旨を伝えれば、少しは気持ちが楽になります。

 

 

【例文1】

 

 

いつもお世話になっております、〇〇(あなたのお名前)です。

 

この度はお忙しいなか、素敵なご提案をいただいたり、
お見積書を作成していただきまして誠にありがとうございます。

 

今回、△△(知人のお名前)の紹介ということもあり
大変お伝えしにくいのですが、
家族の意向により工事を見送らせていただくこととなりました。

 

このような結果となり恐縮ではありますが、
次回リフォームをする際には再度、
検討させていただければと存じます。

 

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

お断り不要のリフォーム一括見積もりサイトとは?

 

実は、お断り不要のリフォーム一括見積サイトがあります。

 

相見積もりではかならずいくつかの会社の提案を
断らなければなりません。

 

ですが、サイトを使うことで断るときの
重い気持ちから解放されますので、これから
リフォームをする場合は検討してみるとよいですね。

 

 

 

メールだけで商談できるタウンライフリフォーム

 

リフォーム,断り方,例文,メール,電話

 

タウンライフリフォームでは基本的に
メールでリフォーム会社と商談ができます。

 

10社中、1社ほどから意思確認の電話が
くることもありますが、1分ほどで
終わりますので身構える必要もありません。

 

カタログや見積もりがとどいても、
返信をしなければ連絡はきませんので
安心して利用してみてくださいね。

 

 

 

コンシェルジュが業者紹介を代行してくれるリショップナビ

 

リフォーム,断り方,例文,メール,電話

 

リショップナビは、リフォーム会社とあなたの仲介役となる
コンシェルジュが業者を紹介してくれます。

 

あなたの希望にあった業者をつなげてくれるため、
そのなかから選んだ数社からしか営業されることはありません。

 

見積もり後に断りの連絡をする際も、
コンシェルジュが代行してくれます。

 

 

 

匿名で商談できるオウチーノリフォーム

 

リフォーム,断り方,例文,メール,電話

 

オウチーノリフォームは、氏名・住所・電話番号の入力なしで、
会員ページから匿名のままリフォーム会社とやりとりできます。

 

現地調査となった段階ではじめて、
氏名・住所等を伝えることになるわけです。

 

匿名の状態でお断りできますので、
押しに弱い方でも安心して利用できます。